先輩スタッフの声

大木 圭介さん(6年目、断熱事業部)

断熱に興味があって入社、
今は1つの現場を任せてもらっています。

担当している仕事には2つの系統があって、ひとつはお客様と向き合ってご提案をしたり仕事の進め方をやり取りする営業的な業務、もうひとつは工事がスムーズに進行しているかを管理する業務です。この仕事はお客様との密な連絡やコミュニケーションが欠かせないので、人間関係、信頼関係の構築に時間をかけるようにしています。

何か問題が起きた際にそうした普段から作っている人間関係がモノを言うので、日頃の行いというか、人との向き合い方で仕事の良し悪しが決まることを実感しています。
この仕事を選んだのは、もともと建築に興味があったことと、エコが叫ばれている時代に断熱という分野に興味があったからです。とても奥が深い技術なので、良い仕事ができた時はお客様だけでなく社会全体、環境問題にも貢献できていることを実感できます。
今では1つの現場をそのまま任せてもらっているので、仕事をしている実感、責任感を持って仕事と向き合えるようになったことは、ランドウィックに入社して自分なりの収穫だと思います。

成瀬 賀彦さん(4年目、断熱事業部)

自宅が近いだけで入社、
今では成長を実感。

今でこそ営業から工事の手配、請求業務まで一連の仕事をこなすようになりましたが、実はこの仕事やランドウィックに興味があって入社したわけではありませんでした。それまでアルバイトはしていましたが社会人としての経験はなく、自宅から近いので親近感を持ったという理由だけで入社しました。

この業種はもとより社会人としての経験がなかった私でしたが、ランドウィックは先輩や上司との距離感が近い会社なので、これまであまり立ち止まったり迷ったりすることなくここまで来れた気がします。その意味では、社会人として当たり前のことを早く学べて一人前になれる会社だと思います。
この仕事は、たくさんの人と関わりを持ちます。営業活動ではお客様と関わり、工事の手配では職人さんと関わることになります。人同士なので価値観や考え方はそれぞれで、うまくいく時ばかりではありません。そんな時、一緒に仕事をする仲間としてどうやって理解し合っていくかという努力は、必ず報われます。人との関わりで自分が成長していくことを実感できる仕事というのは、やってみると面白味を感じることもしばしばです。
今自分が感じている成長というのは、ランドウィックに限らずどんな会社、どんな仕事でも役立つものだと思うので、それを確実に自分のものにできるのはランドウィックの魅力ではないでしょうか。

向井 研人さん(4年目、断熱事業部)

聞いたことに先輩、
上司が優しく答えてくれる会社です。

あまり熱意がないように伝わるかも知れませんが、この業界に何か特別な関心や魅力を感じていたわけではなく、自宅から近い会社という理由で志望、入社しました。そんな状態なので当然この業界の知識はゼロからのスタートでしたが、比較的早い段階で会社の利益に貢献できていることを実感できるようになりました。

やはり仕事なので、会社に貢献できていることを実感できると自信がつきますし、もっと大きな仕事をしてみたくなるものです。
仕事上、たくさんの現場を経験してきました。「現場」という言葉だけでひとくくりにできないほど、本物の現場は様々です。いかに臨機応変に、柔軟に対応できるかがポイントになってくると思いますが、そんな時に頼りになるのが先輩や上司です。私より経験豊富なプロばかりなので、分からないことを聞けば必ず教えてくれます。他の会社と比較しても意味がないと思いますが、とても優しく教えてくれる会社だと思います。繰り返し質問しても親身になって答えてくれるので、遠慮せず何でも聞いて自分の幅を広げていくのがランドウィックとの正しい付き合い方だと思います。
先輩や上司に聞きやすい会社という伝統(?)を今後も受け継いでいくために、今度は私が後輩に色々と優しく教えていけるよう、自分磨きをしていきたいですね。

戸口 雅詞さん(3年目、関東営業所)

問題を全員で協力して解決する社風。

関東営業所で中堅のゼネコンさんを中心に担当、営業から職人さんの手配など一連の業務を担当しています。そもそも入社した経緯は、営業に興味があったのでやってみたいという思いからでした。営業職に興味はあったものの、建築業界は未経験でした。

この仕事はとにかく「人」とのやり取りが多く、営業先の担当者さんから現場で施工を担当する職人さんまで、実に色々な人と関わることになります。そのため営業先の人たちとの信頼関係を作ることや職人さんに気持ち良く仕事をしてもらうことも私の仕事ということになります。なにぶん人同士なので最初は思い通りにならないと感じるかも知れませんが、2回目、3回目と次の現場で声をかけてもらえるようになると、どんどん仕事が面白くなってきます。
私が所属している関東営業所は人数こそ少ないですが、何かあっても全員で協力して解決するという社風があるので、経験が浅い頃からあまり困ることなく仕事ができたように思います。これは一人でできることではないので、ランドウィックの会社としての大切な能力です。
職人さんに動いてもらうのも私の仕事なので、現場から「もっとこうしたら施工しやすい」という声をどんどんもらうようにしています。それを打ち合わせにいかして良い現場にしていけば、もっと良い仕事ができるはずです。その繰り返しで経験を重ねていくのが、一番確実なキャリアアップだと思います。
これから私たちの一員となって頑張ってみようとお考えの方には、こんなランドウィックの社風、良いところをどんどん活用して自分自身の成長に役立ててもらえたらと思います。